記事一覧

日本橋 リラクゼーションエステ・ミセスクイーン(3回目)

ミセスクイーン、3回目のレポートです。
1回目、2回目が上々の感触でしたので、アオキ的には、ヘビロテモードの当該店。3回目は果たしてどうか?
過去記事はこちら
1回目
2回目

今回も、電話で予約。電話番号で名前登録がされているらしく、「いつも御利用ありがとうございます。アオキ(仮名)様」と、応対してくれます。顧客管理&ホスピタリティという意味では、簡単なことですが、「当店きっちりやっています」という印象の応対です。

というわけで、今回も15000円120分、フリーで訪問です。

今回は堺筋本町のルームとなりました。と中央線との北側エリアなのですが、周辺コインパーキングの料金相場がやや高め。400円/20分なので、120分だと、前後含めて3000円ぐらい。ただ、機会式の有人駐車場は1000円/日ぐらいであるので、事前チェックしたほうが、よいです。

さて、今回のセラピーは20歳代と、当該店では比較的若いセラピーです。コスチュームはミニスカワンピです。さすがに年齢が若いので、お肌すべすべ、ルックス、スタイルも良いです。ただ、対応が事務的で、普通「外は暑かったでしょ」的な会話がありそうですが、「青木様ですね、120分15000円です。」と愛想なし。。もしかしてオレ歓迎されていない?いやいや、初見だし緊張しているのでしょとおもっていましたが、「担当の○○です」的な自己紹介もなしで、接客態度という意味では、も少しがんばってほしい。

最初指圧系ででほぐして、オイルマッサとなります。指圧時間が結構長いです。、よくいえば丁寧、悪く言えば時間掛けすぎ、もしかすると90分だと指圧は省略してオイルとするのかもしれません。途中「まさかのオイルなしか?」と少々不安になったぐらいです。

結論からいうと施術全体は接客態度同様「淡白」。会話もほとんどなし。経験浅という雰囲気ではないので、なにやら手際よく、たんたんと進行します。
前回、前々回はキワも四つんばいもぐいぐいと、「おおここまでくるか」でしたが、今回は、ちょこちょこと、「えっもう終わりすっか」という感じです。
今回は四つん這いはなし。ここ、四つん這いはマストとお店とおもっていましたが、なし。特別な施術といえばそれまでですが、メンエスでは、これが目当てでという人も多いですよね、・・・、おっさんのケツ見たくねえ。ということか。

仰向けでは「デコルテ」「足」「ソケイ部」と進みます。マッサのタッチや力加減などは緩急あって、悪くはないのですが。なんというか、やる気無し感がそこはかと漂っているのです。

まあ、メンエスでは、セラピーとの相性もあり、施術構成はセラピのオリジナルに委ねられている部分が多いのは承知しています。
だた今回は淡白すぎ。(前回、前々買いと比較すると)

若くてルックス良のセラピだから、がんばらなくても指名客多しということか。
セラピ好みの客にはリピートしてもらうよう、もっとがんばるということか。
「このおっさん、次いらね」の場合は、会話なし&施術淡白&名前も教えない・・ということか。
・・・・・・・・・・「いえ、これ普通ですけど」

そっかー、アオキがハードル上げすぎか。なるほどなー、と自問自答しつつ、マンションを後にしました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助教授アオキ

Author:助教授アオキ
このブログでは、現在48歳の管理人(助教授アオキ)が、主として関西のメンズエステ、マッサージ店の訪問体験談を綴ったものです。
※あくまで訪問時点での個人的感想です。

ブログランキング

面白かったら応援クリックお願いします。

ブログランキング

面白かったら応援クリックお願いします。