記事一覧

これは良かったなーというテク&サービス(その2)

年明けの某店舗の摘発以降、閉店やら改名が相次ぐ、関西メンズエステ業界です。なにやら、ブームはアベノミクスの終焉とともにピークアウトしたのではという憶測もあるようですが、新規店もバリバリあるようで、なんとか系列の新店舗なんて形態もあるようです。
ここからは、勝ち組、負け組み、あるいは勝ち逃げ、なんて具合に、淘汰されていくのでしょう。
というわけで、アオキが思う「これは良かったなーというテク&サービス(その2)」です。
その1はこちら⇒その1

○ノイルというマッサージローション
これは、ハイルームというお店にあったのですが、水溶性オイルでした。すべり感も上々で、あとのシャワーでもすぐに洗い流せる優れものでした。普通のオイルもいいですが、これからの時期、、あとがさっぱりという意味では、是非導入していただきたい。

○歯ブラシがあるとうれしい
シャワーのアメニティでは、スポンジ、ナイロンタオルは当然ですが、「歯ブラシ」がおいているとありがたい。これから、セラピーと少なからず接近する場面を想定すると、口臭もきになるところ(客)、お口さっぱりで、施術をうけたいですよね。マウスウォッシュでもよいですね。

○施術前のスキンシップ
施術中は、当然セラピーの手やら、腕やら、足やらが、触れるのですが、それは当たり前。部屋に赤がるときに、手をひいて案内したり、カルテを記入中に、足に手お添えてくれたり。料金を支払うときに、ギュっと握手してくれたりすると、サプライズ感があってうれしいです。

○拭き残しのアシスト
シャワーのあと、基本は自分で、自分で拭うのですが、どうしても少し水滴が残る場合が。そんな時「少しお水を拭きますね」なんて、ちょいちょいと。

○紙パン手繰り寄せ
ソケイ部の施術のとき、紙パン着用を中央に手繰り寄せ。ここをじっくり、丁寧にやってもらうと、なんかいいです。分かるヒトにはわかる。この動作でセラピーのスキルが思い図れるのです。

とまあ、本日はここまで。
男心くすぐるセラピーの出会いを期待しつつ、関西マンションエステ業界の向上の願うアオキでした。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助教授アオキ

Author:助教授アオキ
このブログでは、現在48歳の管理人(助教授アオキ)が、主として関西のメンズエステ、マッサージ店の訪問体験談を綴ったものです。
※あくまで訪問時点での個人的感想です。

ブログランキング

面白かったら応援クリックお願いします。

ブログランキング

面白かったら応援クリックお願いします。