記事一覧

日本橋 メンズマリンスパ クラゲ Qurage

先日、訪問した。ガンダーラのそばにお店です。
ネーミングもホームページもなかなかおしゃれな感じです。なにせ店名が「クラゲ」ですから、一度は訪問しとかないと・・・。

一応、電話ですぐの案内可能を確認してから訪問です。電話の応対は明らかにチャイニーズ。やっぱしチャイエスなのね。お店は2階です。一階は風俗店(ヘルス?)で、お受付の兄ちゃんが立っていました。風俗嬢の写真も見えます。チャイエスにいくつもりが、やっぱしこっちにしよ。なんて人もいるかもしれません(笑)

店に入ると、20代後半の女性が受けつけをしてくれました。今回は90分11000円です。もち洗体付きです。
・・・で、ここ「さくら庵」という日本人メンエスも同じスペースで営業しています。受け付けの女性が「そっちは日本人ね」と教えてくれました。「でも、今日はおわり」らしいです。

トイレを済まして、部屋に案内してくれます。やはり、2店舗分ということでしょうか、廊下の左右に部屋が結構あります。どうも手前が「さくら庵」で、奥が「クラゲ」ということらしいです。途中、廊下はアクアカラーの照明となっています。結構奥の奥まで案内されます。一本道ですが、万が一火災に遭遇したら、確実に煙に巻かれて死亡しそうです。部屋にも窓はありません。まあここは覚悟を決めましょう。
なぜか、部屋にシャワーがあります。あれ洗体はと思いましたが、案内してくれた女性が「では、洗体の準備してきます。服脱いで、紙パンツお願いします。」と退場。洗体はやはり別の場所があるようです。
で、しばらくすると、受け付けしてくれた嬢が再び登場。結局その方が担当セラピでした。おいおい、受け付けは大丈夫か?とおもいましたが、もう1人いるそうです。
で、セラピですが、ちょっと化粧は濃いですがベテラン感があってなかなかのテクニシャン。スタイルも良くて手肌の質感も○でした。
洗体は。アワアワで。まずはうつぶせ、ソフトなタッチでガンガンきます(笑)いいです。足の指の間もくまなくタッチてくれます。アカスリのようなごしごしはありません。あくまで、ふわふわ、さわさわ、ぬるぬるです。
仰向けになります。ほぼ股間のさわさわとなります。もしかして、ここで発射しなきゃいけない?と思ったぐらいです。

というわけで、洗体終了。クラゲというネーミングはともあれ、なかなかの手練のセラピです。「姉さん。うまいねぉ」と褒めちゃいました。

部屋に戻って、オイルマッサージ開始です。マットに使い捨てのカバーがしてあります。衣装はトップとショートパンツのセパレートに薄いショールをはおった感じです。おへそが見えます。
まずはうつぶせ、足、お尻、背中とつづきます。ここの枕ですが結構本格派で、うつぶせでも息がしやすくなかなかグッドです。あごが疲れません。
紙パンツは洗体の段階でどっかにいってしまいました(笑)
仰向けになってからは、腹部と股間周り集中となります。太ももや足にはほとんどいきません。のぞむところです。手のやり場に困りましたが、服の上からならばOKとのことで、セラピのふとももあたりに置かしていただきました。
というわけで、時間いっぱいまで楽しんでフェニッシュ。

本日は結構ひまな様子でした。昨年の6月くらいのオープンということですが、悪くはないと思います。「さくら庵」と同居なのでちょっと入りにくい要素があるのかも。
うん、でも悪くないですね。「クラゲ」というネーミングは諸刃の刃という感じですが、洗体つきチャイエスとしての水準は高いのではと思います。(「日本橋 こねこ」が標準かな)
リピート店のひとつさせていただきます。でもセラピの名前聞くのを忘れました。
帰り際、受け付けには「おじさん」がいました。ああ食事でも行ってたのね。

コメント

クラゲ

こんばんは。
初めて行くときは受付で一番マッサージが上手い子とダメモトで希望を言いますが、日本人男性の受付だったので、HPに載ってる一番経験の高そうな嬢をつけてくれました。
確かに洗体は他の店と違う感じがして、数回通いましたが、性格なのか回数券のポイントが貯まる前に飽きてしまいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助教授アオキ

Author:助教授アオキ
このブログでは、現在48歳の管理人(助教授アオキ)が、主として関西のメンズエステ、マッサージ店の訪問体験談を綴ったものです。
※あくまで訪問時点での個人的感想です。

ブログランキング

面白かったら応援クリックお願いします。

ブログランキング

面白かったら応援クリックお願いします。