記事一覧

堺筋本町・日本橋 スパロットミセス(4回目)

30歳~40歳のセラピが在籍の同店。
多彩な鼠蹊部バリエーションで、アオキを楽しませてくれます。
はたして今回はどうか。

過去の訪問はこちら→1回目 2回目 3回目

今回も120分フリー14000円のコースで予約としました。
ここは、別途1000円で「スパロットプラス」なるオプションがあって、アオキはつけたりつけなかったりですが、結局のところどこからプラスなのか不明で、いまだに謎のオプションです。メンエスあるあるですね。
まあ、1000円なので、セラピへのチップ程度と考えればよいのかと。
一回目はオブ無しではいって、気に入れば指名(1000円)+スパロットプラス1000円で、「いやー前回良かったんで、今回はプラスしちゃったよ」なんて使い方も良いのでは。

今回は珍しく、30歳代のセラピとなりました。
メイクは盛った感じですが、人懐こい印象。ルックスはまあまあですが、性格良さげなセラピです。
アオキ的には〇です。いくら美人でも態度が悪い、おざなりの接客ではかえって疲れますものね。

今回も紙パン無しとしました。

さて、施術です。珍しく仰向けでスタート。足をセラピの肩や膝に乗せての、足~袋はぎ~太もものストローク。仰向けの姿勢はリラックスできますね。タッチも上々で期待感が膨らみます。
鼠蹊部もガンガン攻めてくるというのではなくソフトなアプローチです。ただ、やや眠気が・・・。

ボーとしてると、「仰向けでお願いします」の声。
「おっ来たか」と思いましたが、ごく普通に定番的な流れ。カニ足鼠蹊部もそこそこで…再び眠気が・・・。

ボーとしてると、「四つん這いできますか」の声。モチできます。はい。
ここから、背後から両手を使っての鼠蹊部、ふとももへのアプローチ。キワキワに来ます。
中腰になります。アオキの股間付近で両手がうごめく様子がエロチックです。時々じらすかのように太ももから膝まで、背後からハグされていてる姿勢です。
続いて、立位。これも背後から胸、鼠蹊部へセラピの両手がアプローチ。
ここで眠気が吹っ飛び。目が覚めた。

仰向け→うつ伏せ→四つん這い→中腰→立位という流れで、徐々に盛り上がっていく展開。四つん這い以降はかなりの時間配分で、もんもんしっぱなしです。
当然のことながら風俗店的なサービスはありません。

最後は軽くストレッチしてクールダウン。シャワーでは背中を流すアシストをしてくれます。

やはり背後からストロークはいいですね。
「私、バックが好き」という女性の気持ちが少しわかったような気がします。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助教授アオキ

Author:助教授アオキ
このブログでは、現在48歳の管理人(助教授アオキ)が、主として関西のメンズエステ、マッサージ店の訪問体験談を綴ったものです。
※あくまで訪問時点での個人的感想です。

ブログランキング

面白かったら応援クリックお願いします。

ブログランキング

面白かったら応援クリックお願いします。