記事一覧

大阪メンズエステ レディアース

アオキのお気に入りのエステシャンが、相次いで退店してしまったことから、久しぶりの新規店開拓です。
関西メンエス界では、老舗というか、有名店のレディアース。
在籍エステの多い同店、全員が20歳代※という陣容。
いつも夕刻には「満員御礼」でなかなか予約できない同店。満を持してのファーストインプレッションです。
※30歳以上は姉妹店の「ミセスレディアース」に在籍しているようです。

例によって、メールでroom案内。今回は谷町9のroomとなりました。コースは「120分以上はセラピストオリジナルメニューを実施」とあり、120分15000円のコースとしました。
案内、ルームの清潔度、各種備品、マットの横にはミラーと、メンエスの基本どおり。全く問題ありません。

で、担当は20歳前半の美人です。このあたりは、ネット情報どおりルックス、スタイルともに上々。メイクもほどよく、接客態度も良好です。
ただ、少し残念だったのは、コスチューム。ボトムはタイトスカートでよいのですが、トップが普通のブラウス。いってみればオフィスOL風。まあこれはこれで良いかと思うのですが、同店のホームページでは、胸元強調タイプの写真が大半なのですが、ちょっと拍子抜けです。
しかし、この普通コスチュームでマッサがキワキワぐりぐりだったら・・・・・。そのギャップにテンションアップという可能性を期待しつつ、施術開始。紙パンは無しとしました。

結論としては、マッサージは中の中、セクシー要素はほぼ無しというところです。いや、こんなかわいい娘が、おっさんの鼠蹊部をすりすりするというだけで、満足すべきなのでしょう・・・、しかしアオキの体は数あるメンエス通いで「ええ、ここまで来るかーー!!」的な、お店を経験している身。ものたりないなぁというのが、率直なところです。

具体的には、うつ伏せ足、背中、カニ足鼠蹊部(お尻側からのアプローチのみ、浅め)、仰向けでの背中、鼠蹊部(タオル越しにやや接触)、腹部という流れで、途中ストレッチ風のマッサも入ります。
密着度もほぼなしかな。鼠蹊部はやや短めか。
セラピオリジナルはどこの部分かは不明です。

有名店の同店、接客態度などはしっかり講習していて好印象です。そしてエステシャンのルックスのポテンシャルの高さ。人気なのもうなづけます。ただ、も少し鼠蹊部マッサのバリエーションは充実してほしいところです。四つん這いは無理でも、ミラーを活用して横向き、いやせめて裏側&表側からの鼠蹊部アプローチはほしいところです。

施術メニューをあらためて見ると別途「レッグコース」なるものが。こっちのほうがよかったのかな。
うーん(悩)(  ̄~ ̄;)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助教授アオキ

Author:助教授アオキ
このブログでは、現在48歳の管理人(助教授アオキ)が、主として関西のメンズエステ、マッサージ店の訪問体験談を綴ったものです。
※あくまで訪問時点での個人的感想です。
※リンクフリーです。ただし無断転用はご遠慮ください。

ブログランキング

面白かったら応援クリックお願いします。

ブログランキング

面白かったら応援クリックお願いします。