記事一覧

日本橋・谷九 メンズエステ Always ~こだわりの時間~(3回目)

前回の予告の通り、3回目の訪問です。
→過去記事 1回目 2回目

前回、前々回と高評価の同店
1回目はベテランセラピで、どちらかというと「マッサージ技術重視のセクシーはやや薄タイプ」
2回目は新人で「メンエスの定番フルーコース(鼠蹊部、四つん這い)のセクシー&清純タイプ」
でした。

はたして、3回目は・・・・・

担当嬢は20歳後半の色白。美人というわけではないですが、明るく、ちょっと「コケティッシュ」

コケティッシュ 【coquettish】
なまめかしく色っぽいさま。男の気をそそるさま。 「 -なしぐさ」
出典:Weblio

結論からいうと、マッサージがとっても「なまめかしく色っぽい」かったのです。
ちょっと、意地悪な笑顔を見せながら、おじさんを転がしてくれました。

ハイライトはミラーに向かっての、膝立ち姿勢での後ろから股間手さぐり鼠蹊部マッサージ。
腰にタオルを巻いてのマッサーです。時折、タオルが取れそうになって、アオキはとっても恥ずかしかったです。
ミラーが大活躍しました。自らの鼠蹊部をセラピの白い手がなまめかしく動く様子を鏡でガン見する。、なかなかエキサイティングな光景です。

途中の仰向けのカニ足鼠蹊部でも、セラピが超スローでストロークしてくれてます。超スローです。鼠蹊部でセラピの動きがとまり、手の平のぬくもりが伝わってきます。「流す」というより「温める」。うーんグッド。

当然のことながら、風俗店的なサービスはありません。
久々に非日常的&エキサイティングな施術でした。

ただ、あえて注文をつけるとすれば、この店コスチュームに関しては、セラピの自由となっているようです。最も施術しやすく、セラピが最大のパフォーマンスを発揮できるように、という意味もあるとは思います。
がも少し、セクシーよりであればいうことありません。
いや、そんなことはどうでもいい。些細なことです。私としたことが、つまらないことを申しました。取り消します。
いくらセクシーコスチュームでも、施術がつまらなければ、それはダメポです。
お店の方針に従います。

・・・・とまあ、すっかり、受け身&M思考となっているアオキです(笑)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助教授アオキ

Author:助教授アオキ
このブログでは、現在48歳の管理人(助教授アオキ)が、主として関西のメンズエステ、マッサージ店の訪問体験談を綴ったものです。
※あくまで訪問時点での個人的感想です。

ブログランキング

面白かったら応援クリックお願いします。

ブログランキング

面白かったら応援クリックお願いします。