記事一覧

堺筋本町 ゆりかご 2回目

今回は、前回まあまあだった、ゆりかごに再訪しました。
1回目はこちら→1回目

今回は120分も14000円+ゆりかご1000円、計15000円とのコースとしました。
堺筋本町だけでなく、北浜にルームがあるとので、北浜を希望しましたが、即案内としては堺筋本町ということにあいなりました。

前回の同じルームでした。ワンルームで、クリアガラスのシャワー室があります。・・・で前回も思ったけど、ソファーがカウチタイプなので、落ち着きません。まあ実際の施術には関係ないですけど。

今回は30歳ぐらいのセラピでした。「ゆりかごコースですね」ということで、「下半身中心の鼠蹊部たっぷりの、フェザータッチということでよろしいでしょうか?」と、冒頭に問いかけ。「ビシバシ来てちょうだい」と冗談めかして返答しましたが、スルーされました(泣)
ルックスはタイプです。ただ少しそっけない感じが。はたして・・・・。

・・・施術開始。あお向け。足からスタート。マッサージはエステ風に素早くこまめに流すタイプです。アオキ的にはもっとスローがよいのですが、のちにフェザーもあるので、これはこれでよしとします。

というわで、お尻から鼠蹊部へと。まず、「まずフェザーで太もも→お尻→鼠蹊部、次に後ろから鼠蹊部に指が侵入チョコチョコと指先が動く」。最初は感触は「おっ。いい感じ」。フェザータッチは絶妙タッチで、鼠蹊部のアプローチも導入部分としてはなかなんかの手練れの感触です。

この後の展開が大いに期待されましたが・・・・・。

最初指先のみの侵入がだんだん深くなるのかなと思いましたが、「1歩進んで1歩下がる」で一向に遠いまま。自発的に、少し腰を浮かしたり、ややカエル足気味にしましたが、リアクションはなし。「太もも→お尻→鼠蹊部にフェザーで鼠蹊部に指が侵入」のパターンが続きます。
長すぎる。あまりにも長すぎる。下半身中心でフェザータッチは案内どおりだが、同じパターンでこの時間配分は長すぎる。もう少し展開がほしい。「足を曲げてください。」「四つん這いになってください」という言葉を待っていたが、結局なし。

やれやれと思いつつ、背中、首筋とマッサージがあり、仰向けとなります。

あお向けでも、「フェザーで、太もも→鼠蹊部→下腹部。で鼠蹊部なでなで」のパターンが続きます。
で、すこしデコルテなどがあったようですが、眠ってしまったようです。同じパターンの繰り返しは催眠効果があるようです(笑)
「時間になりました」と起こされ、シャワーを浴びて、退場。

あまりにも単調。もすこしドラマがほしいと思うのはわがままか。基本的なタッチは良いので、も少し、リクエストすればよい方向になったのかもしれません。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助教授アオキ

Author:助教授アオキ
このブログでは、現在48歳の管理人(助教授アオキ)が、主として関西のメンズエステ、マッサージ店の訪問体験談を綴ったものです。
※あくまで訪問時点での個人的感想です。

ブログランキング

面白かったら応援クリックお願いします。

ブログランキング

面白かったら応援クリックお願いします。